DIYカーコーティングで必要な5つの道具

車のコーティングを自分やってみたことはありますか?
カーコーティングは、もちろん自力で行う事も可能です。現に多くの方々は、業者に任せるのではなく、自分で施工を行っているのが実情です。確かに費用は比較的低いですし、自力も1つの選択肢とは言えるでしょう。

ところでカーコーティングを自力で行う際には、複数の道具が必要になってきます。具体的に何を準備すれば良いかは、やはり知っておく方が良いでしょう。基本的には4種類の道具が求められますが、5種類でも良いのです。
まず1つ目は、カーコーティング剤です。その材料がなければ、当然車に対する施工を行う事はできません。

ただカーコーティング剤と言っても、複数のタイプがあります。自分の車にマッチするカーコーティング剤を選ぶのも、1つのポイントにはなるでしょう。
そして2つ目の道具ですが、スポンジも必要になるのです。そもそもカーコーティングの施工を行う為には、必ず車の洗浄作業を行っておく必要はあります。車の本体部分にゴミなどが残った状態でカーコーティングを実行してしまいますと、かえってゴミが目立つ事になるからです。的確に洗浄作業をする為には、やはり洗浄用のスポンジは必要になるでしょう。

3つ目の道具ですが、コンパウンドも用意しておくべきなのです。そもそもカーコーティング前の車に対しては、小さな傷が残っている場合があります。それで小さな傷とは言っても、カーコーティング剤を使った事により、目立ってしまう事もあるのです。カーコーティングを一旦行いますと、車の表面部分に光沢感が生じる事になります。それで小さな傷が余計に目立ってしまう訳です。しかしコンパウンドで研磨作業を行う事により、もちろん小さな傷などは消すことができます。
それとカーコーティングは、失敗する可能性もあるでしょう。特に製品の塗りムラなどは、大いに考えられるのです。一部に薬剤が偏ってしまった時などは、仕上がりが悪くなる事も多いです。

しかしコンパウンドでそれを補修する事もできます。ですから万が一に備えて、コンパウンドという道具も用意しておく方が良いでしょう。

そして4つ目の道具ですが、ケミカルです。やはり車を的確にあら為には、ケミカル剤にもそれなりにこだわる方が良いでしょう。もちろん車体を傷つけるような強いケミカル剤を使うのではなく、適切な物が望ましいです。やや強めなケミカル剤を使ってしまった事で、塗装が悪くなってしまったという話は本当に多いからです。

以上のカーコーティング剤とスポンジとコンパウンドとケミカルという4種類の道具さえあれば、基本的には自力の施工を行う事はできます。しかしもう1つ準備する方が良い道具があって、念のためにポリッシャーなども用意しておく方が良いでしょう。

確かに上記のようなスポンジなので丁寧に掃除を行えば、それなりに車体を綺麗にする事はできます。しかし、やはりそれだけでは難しい汚れもある訳です。

それで困難な汚れでも、ポリッシャーを使うことによって除去できるケースも大変多いのです。またポリッシャーはカーコーティング剤をしっかりと車の塗装に付着する目的で、使うこともできます。多彩な使い方ができる訳ですから、一応ポリッシャーも準備しておく方が良いでしょう。
ただしポリッシャーを使うにしても、やはり注意点もあります。少なくとも上記のケミカルは注意を要するでしょう。というのもケミカルがあまり良くないときなどは、かえってポリッシャーが逆効果になってしまう事もあるからです。やはり刺激が少なめなケミカル剤を選んでおくのが、一番無難であるとは言えます。

自力でカーコーティングを行う時に必要なのは、上記の5点になります。いずれも、できるだけ優良な物を選ぶよう心がけると良いでしょう。

以後、コーティングした後のことを考えてみました。コーティング作業だけでなく、コーティング作業の環境も重要だというのが結論です。素直に専門店でコーティングを依頼して、満足を得た方が安くついたかもしれません。

果たしてカーコーティングの施工は所要時間はどれ位か
車に関する見た目が気になる時には、よくカーコーティングが検討されています。現にそれを行えば、車の光沢感などはかなり高まる傾向はありますから、大いに検討してみる価値はあるでしょう。

ところでカーコーティングを検討している方々は、少々忙しい事もあります。車の光沢感を高めたいとは思うものの、あまり時間を割けない事もあるでしょう。ですから所要時間が気になってしまう事も、しばしばあるのです。

カーコーティングに要する時間は、それこそ種類次第と言えます。少なくとも専門業者に任せる時には、数時間ほどは要すると考えておく方が良いでしょう。状況によっては、丸一日ほどを要する事もあります。
そもそも業者が行ってくれるカーコーティングとは言っても、複数コースがあるのです。例えば、カーコーティングを一重だけにするやり方があります。非常にシンプルなプランもある訳です。

そうかと思えば、カーコーティングを多層構造にするプランもあります。カーコーティングの保護効果を高めるために、業者によっては多層構造の施工を採用している事もあるのです。その他にも、様々なプランがあります。
1層構造の場合、そこまで時間を要するものではありません。最短で2時間程度と明示している専門業者が多いですが、状況によっては4時間ほどかかる事もあるのです。ちなみに洗車作業を行った時には、更に別途で時間がかかる事もあります。

逆に2層構造の時には、もう少し時間がかかる事は明らかです。2回に渡って作業をする事になるので、最低4時間などと明示している業者もあります。更に凝ったカーコーティングの作業を行うとなると、もう少し時間を要する事にはなるでしょう。コースによっては、それこそ6時間程度になる場合があります。

それで6時間ものプランになりますと、当日中に車の回収をするのは難しい事も多いです。例えば12時あたりに車を業者に預けたにしても、それを当日中に回収するのはやや難しいでしょう。単純計算で、18時などを過ぎてしまうからです。
このためある程度時間が長めなプランですと、業者としては一旦車を預かることになります。つまりカーコーティング済みの車を、翌日に引き渡すことになるのです。プランによっては多少長くなる事もありますから、注意が必要です。
ところで自動車業界の業者では、たいていは代車というサービスを提供しています。状況によっては、それも検討してみると良いでしょう。

というのもカーコーティングを専門業者に行ってもらう方々は、どうしても自動車が必要な事もあるのです。地域によっては、移動のために必ず車が必要な事もあります。しかし丸一日ほど車を預けっ放しにしておきますと、1日ほどは車を使えない状態になってしまう訳です。それでは少々困るでしょう。

このため多くの業者では、無料レンタルというサービスも提供しているのです。もちろん翌日に借りた車を業者に持ち込んで、カーコーティング済みの車を引き渡してもらう流れになります。無料で利用できる訳ですから、是非活用すると良いでしょう。
こういった状況ですから、専門業者にカーコーティングを行ってもらう時の所要時間は、それこそケースバイケースと言えます。基本的には数時間もしくは翌日程度で考えておく方が良いでしょう。

ちなみに上記で述べた時間は、あくまでも専門業者に施工を行ってもらった時です。もちろんカーコーティングは、自力で行う事も可能ではあります。しかし自力でそれを行いますと、更に多くの時間を要してしまう事が多いです。人によっては、丸一日かけてカーコーティングの施工を行っている事もあります。短時間で済ませたいと思うなら、やはり専門業者にしておく方が良いでしょう。

 

PR|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|貯蓄|GetMoney|JALカード|看護師 転職|RANKERS|ネットショップ 開業|相互リンク|思い出救出・映像復活専門店のDR119|女性向けエステ.com|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|SEOアクセスアップ相互リンク集|相互リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です