車のコーティングの失敗談

PR|女性向けエステ.com|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|SEOアクセスアップ相互リンク集|

車のコーティングを自分やってみたことはありますか?
費用がかなり安上がりでそこまで重労働じゃないことが魅力的です。しかし、自分でやるので失敗がつきものです。今回は私の失敗談を紹介します。人生初の車を納車してしばらく経過したある日、私は車を擦って塗装を軽く剥がしてしまったため自分で塗装~コーティング作業に取り掛かりました。洗車して塗装するまではよかったのですが、コーティングでのちょっとした失敗が今も忘れられないでいます。

当時、私の住んでいたところはかなりの山奥にあり、虫や落ち葉がとにかくすごかったです。洗車しても2日か3日でもう虫まみれ、葉っぱはたくさん落ちている、下手したら鳥の糞のおまけつきといった具合でした。そんなことも知らずにコーティング作業に取り掛かったのですがこれが迂闊でした。コーティング作業自体はさせる困難も無く終えることができました。しかし、その後放置していたところ、たくさんの小さな虫や葉っぱのかすなどでかなり汚くなってしまいました。

以後、コーティングした後のことを考えてみました。コーティング作業だけでなく、コーティング作業の環境も重要だというのが結論です。素直に専門店でコーティングを依頼して、満足を得た方が安くついたかもしれません。

ルーフを始め外装上部の水洗いは放っておけばおく程大変に・・・雨が長く続いた直後は一般的に足回りを始め、地面に近い部位の汚れを気にするものですが、あまりに洗車のスパンを長く取り過ぎているとそこだけ注意していればOK、という訳にもいきません。特に屋外露天の駐車場に長く車を停めている場合、風による乾いた土砂の巻き上げと付着により意外とボンネットやルーフ、ウィンドウ周りにも汚れが目立ってくるからです。
それだけでなく、時折やって来る雨によりそれらの汚れが水の最後に乾く部位に集中しまだら模様を形成したり、あるいは水の溜まり易い部位に土砂が流れ込み、厚く積もる様になってしまいます。
少なくともそれらの汚れが目に付き始めた時点で除去した方が良いのは当然の事。この時点であれば、少々ホースの水圧を上げ外装全体に満遍なく当ててやれば大半の汚れは落ちてくれるもの。
ただそこからもしばらく放っておくと、只の流水だけでは簡単に落ちてくれなくなってくれます。塗装を傷付けない専用ブラシと併せて用い流水と共に丁寧に洗ってやるか、その手間も省きたいならばお金を払って洗車機を利用するかの2択となってくるでしょう。
このうち特に前者は自前での作業という性質上、広大なルーフを持つ大型車の洗車は中々手が届かず大変になりますので、なるべく早めの対処が必要なのです。

 

PR|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|貯蓄|GetMoney|JALカード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です